適した治療を受ける為に|ボトックス小顔施術の特徴【大きな顔を改善したい方におすすめ】

適した治療を受ける為に

脚

事前に知っておくべき知識

ボトックスは美容業界では一般的な施術方法であり、注入するだけで小顔やふくらはぎ痩せ、しわたたるみを改善・予防できます。ボツリヌストキシンというたんぱく質が、筋肉の緊張や働きを和らげることで、徐々に痩せていき上記の効果を得るメカニズムになっています。厚生労働省からも認められている薬剤であり、世界中で施術されています。ボトックス小顔効果やしわたるみ改善には定期的に施術を受ける必要があります。1回受ければ半永久的に効果が得られるものではなく、4〜5か月毎に注入する事で持続できます。施術方法は注射で注入するだけなので施術時間も短く、負担も少ないです。この注射の薬剤は厚生労働省から認可を受けていますが、認可されているのは1つでありアラガン社の製品のみです。日本国内向けの正規品は2009年より承認を受けており、これ以外のボツリヌストキシンは認められていません。しかしクリニックによってはアラガン社以外の薬剤も使用されています。使用されているのはボツリヌストキシンのジェネリックであり、後発薬なので安全性も成分も同一です。しかし厚生労働省から認められていない点で、アラガン社の製品が安全性も信頼性も立証されていると言えます。ジェネリックは安いですが、ボトックス小顔効果といった顔に受ける場合は、より信頼できる薬剤である事が良いと言えます。ジェネリックは厚生労働省から認められていませんが、禁止されているものではありません。自由診療の治療である事から、選択は患者の自由意志になります。顔が大きく見えるからと言ってボトックス小顔治療が適しているとは一概に言えません。何故なら顔が大きく見える要因は1つではないからです。タイプによって小顔になる為に適している治療方法は異なると言えます。タイプは様々ありますが、代表的なもので筋肉要因と脂肪要因、そしてたるみ要因の3つがあげられます。筋肉タイプはボトックス小顔治療が適しています。自分が筋肉タイプかどうかはエラの発達でわかります。生まれつきと考える方も多いですが、歯ぎしりや硬い物を好む方は咬筋が発達している場合がほとんどです。ボトックスには筋肉を休ませる効果があり、それにより徐々にエラの筋肉を衰えさせて小顔を目指せます。歯ぎしりや顎関節症が改善されたという思わぬ副作用も報告されています。脂肪要因のタイプではボトックスよりも脂肪吸引が適しています。体より顔の脂肪の方が落としにくい特徴があり、ダイエットでは小顔になり難いです。脂肪吸入は顎の裏や耳の裏から細いカニューレを通して脂肪を吸引します。脂肪組織を取り除くので効果は半永久的に得られます。たるみ要因タイプでは、特に加齢に伴う皮膚のたるみが原因と言われています。判断基準としては目尻も一緒に垂れていく特徴があります。垂れ下がってしまった皮膚や脂肪を引き上げる治療方法が適しており、リフトアップの施術が多く用いられています。リフトアップにも種類があり、糸によるものやメスを入れて筋膜を引き上げる手法などがあります。ひとえに小顔になる為と言っても、そもそもの原因に対処できる治療方法があります。医師と相談して適した治療を一緒に検討していきます。

Copyright© 2018 ボトックス小顔施術の特徴【大きな顔を改善したい方におすすめ】 All Rights Reserved.