美容整形で小顔になるには

顔に触れる女性

病院の選び方と申し込み方

ボトックスで行う美容整形は、薬剤を患部に注射するだけで完了する簡素な施術方法です。このため時間も労力も必要としないとあって、簡単な手術と勘違いされることも少なくありません。しかし実際は、その単純さゆえに施術するドクターの美的感覚と解剖学の知識、それに施術した経験が大きく影響する物だといわれています。たとえば美的感覚に乏しいドクターが施術した場合、ボトックス小顔にはなれても美しさとかけ離れた顔になってしまう可能性も否定できません。または解剖学を理解せずに使用して、本来ボトックスを打ってはいけない箇所に注射をしてしまうことも考えられます。あるいは施術経験の乏しさから、薬剤を打つ量や打つ場所を間違えてしまうこともありえるはずです。これらの施術によくある問題は、信頼できる経験豊かなドクターが行うことで極力回避することができます。そんな理由から、施術するクリニック選びはかなり慎重にしなくてはいけないといえるでしょう。他にも使用している薬剤の信用性や施設の清潔さも、安全な施術を受けるうえで軽視できない部分といえます。ボトックス小顔に使う薬剤はアラガン社のボトックスビスタが唯一日本の厚生労働省と米国で認可されている製品であり、その点でもっとも信頼できることは間違いありません。ゆえに施術を受ける時は、多少高くてもアラガン社の正規品を使用しているクリニックを選ぶべきです。その上で、感染症の心配のない清潔な施設で施術を受けるのが望ましいといえます。施術の結果の良し悪しもそうですが、安全性の観点からもそこは厳しくチェックしておきましょう。適切な施術が受けられるクリニックがみつかったら、次はいよいよボトックス小顔を受ける段階になります。まずはその前にわからないことがあったら、クリニックまでメールや電話で問い合わせてみましょう。それで疑問や不明点が解消されたら、サイトのフォームや電話でカウンセリングの予約を入れます。カウンセリングの日時は後から変更できますが、その時はクリニック側の都合もあるので早めに連絡をして調整を申し出るようにしましょう。カウンセリングでは問診も含めて施術に適した体質かどうかや、どこにどんな風にボトックス小顔注射を打つかを説明されます。そこで十分納得のいく説明を受けたら、次は本格的に施術の契約をしましょう。とはいえ、納得がいかなければ別のクリニックに行ってカウンセリングを受け直してももちろんかまいません。カウンセリングは基本的に無料になっている病院が多いので、それを利用して納得がいくクリニックを探すのも一つの方法です。なお準備ができていれば、当日そのまま施術を受けていくこともできます。ただしそれには支払いのための現金かクレジットカード、それに本人確認の書類と印鑑に加えて未成年は親権者の同意書が必要です。もし当日施術を受けてもかまわないなら、それらの必要なアイテムを一式準備してから行くようにするとスムーズに話が進むでしょう。後は問診票を書いて窓口に提出すれば、その後ボトックス注射を受けて施術は完了します。ボトックス小顔の治療は日帰りができるので、施術を受けたその日に帰宅することも不可能ではありません。ただ健康や予約状態によって当日にはできないこともあるので、その場合は別の日に出直して受けるようにしましょう。

Copyright© 2018 ボトックス小顔施術の特徴【大きな顔を改善したい方におすすめ】 All Rights Reserved.